ぴよぴよUI/UXデザイナー備忘録

「UX/UIデザイン」と「web運営」、たまにプログラミングや意識高い系の記事を発信

スマホの操作名称。あなたはいくつ知っている?

こんにちは!

色々あって新卒で入った会社を二週間で退職(インターン2年間してたのに、、)

現在UXデザイナーとして海外渡航を目指しているりゅーやです。

 

こんな記事を最近見ました。

スマホアプリで今までにないジェスチャーを導入するには?”

 

最初このタイトルを見たときは

ピンとこなかったのですが、

要するに

"普段はしないスマホ操作を

アプリで導入するには?"

といった内容です。

 

みんなが当たり前に持っているスマホでの操作。

実はあの操作もUXを考えて

設計されたものなんです!

そのためおそらく、

ほとんどの方はスマホの操作を

説明書見ながら。。。

なんてことはせずに自然と

使いこなしています。

 

ということで今回はスマホの操作について

ご紹介します。

 

f:id:ryuya_u:20181002231853j:plain

 

目次

そもそもスマートフォンとは?

当たり前ですが、スマホの操作ってPCと違いますよね?

PCではマウスやキーボードといった出力装置を使うのに

対してスマホで使うのは指だけです。

 

しかもガラケーと違ってキーを叩く

のではなく画面をタッチするだけ。

 

この画面をタッチできる機能を

OSといいます。

Androido、IOSって聞いたことありますか?

この2つが

現在のほとんどのスマホを構成するOSです。

 

結論、ほとんどの人の認識は

何も考えずに画面を操作できて

”持ち運びができるパソコン”

といった具合です。

スマホの操作名称

IT業界にいるとスマホのユーザーテスト(きちんと動くか)

を見る際に、

画面を"ピンチイン"した際に崩れないかとか

"タップ"した際に次の画面に遷移できるか

なんて操作名称をよく使用します。

 

よく使うスマホの操作名称を

下記にまとめてみました。

 

・タップ

    操作方法:画面を指先で1回叩く

         使う時:リンクや画像を選択する

・ダブルタップ
操作方法:画面を指先で2回叩く
使う時:拡大表示をする時
・ロングタップ,長押し
操作方法:画面を指先で長く押す
使う時:テキストをコピペなど
・フリック
操作方法:画面に触れ、その指先を素早く払う
使う時:文字入力の際などで使用
・スワイプ
操作方法:画面に触れ、その指先をスライドさせる
使う時:画面遷移など
・ピンチイン
操作方法:2本の指の間隔を狭める
使う時:画面を縮小する
・ピンチアウト
操作方法:2本の指の間隔を広くする
使う時:画面を拡大する

まとめ 

 以上が大まかな

スマホ操作の用語になります。

自分がいつも何気なくしている動作に

名前があったなんて驚いた方もいらっしゃるのでは?

 

もしIT業界で働くことがあれば

知っていて損はありません。

日常生活でもふと友達に

"見えないからピンチアウトして"

なんて言えたら

カッコいいかも知れません笑 

<

【スポンサーリンク】